mori no kami 森の紙オリジナル 天然木のマネークリップ

森の紙を使って新しい商品を作っていきたい・・・

さて、何を作ろうかと考えたとき、最初に思いつくイメージは

今も思い入れが強いか、あるいは過去に強かったモノになる。

商品企画の仕事を約30年、飽きることなく黙々と続けていると、必ずお客さんのツボにはまる商品がある。

そのひとつがマネークリップだ。(だった。)

スマホが財布替わりになって、キャッシュレス化が進む中、小銭はジャラジャラするので、持ち歩きはしたくないけれど、お札をポケットに入れておきたい・・・

今ではマネークリップは立派な市民権を得た身近な道具になったので、手元にひとつは持っている人がいるだろうし、さまざまなタイプが出回っている。

ちなみに当社が初めて販売したのは、2002年のこと、ポールスミスのクローム色のシンプルなデザインだった。

当時から財布といえば革製の2つ折りが主流で、長財布も広がり始め、オシャレな人ならコインケースと両方持つことで上手に使い分けていた。

マネークリップの存在そのものを知らない人も多く、ニッチなアイテムだと見られていたけれど、なぜか女性からギフト購入されることが多かった。

今で言う、サプライズな贈り物だったのかもしれない。

「某ブランド専門のモールで売れなかったけど、売ってみない?」

取引先からの提案が取り扱いをするきっかけになった。

その頃、ブランド物のマネークリップは、あまり売られていなかったので、ニッチな商品を好む僕のアンテナは、そこそこ売れると判断。

思い切って50個ほど買い取りしたところ、予想外のスピードで完売。

その後再入荷を数回繰り返して、150個ほどが数か月で完売した。

シンプルで格好いい、海外旅行で紙幣を分けられる、かさばらない・・・

いろんなキャッチコピーを考えながら、全力投球。

起業して間もない頃のことなので、100個単位で売れる商品はお宝もの。

売れた喜びをかみしめた記憶がある。

こん想いを胸に刻みながら、懲りることなく今もマネークリップを気に入ったモノだけ扱っている。

さて森の紙で作る場合、何を初回作にしょうか?

やはり、木の材質にこだわりたい。

森の紙の厚さは、最薄で約0.15mm程度、元々は業務用のため雑貨として販売するには木の調達が必要な上、ものづくりに携わっている方ならおわかりのとおり、工場を通してマネークリップ本体を入手もらう場合、必ず生産ロットという最低限の条件がついてくる。

そこで、本体の金属部分は当社ルートで独自に小さなロットで調達、職人さんがいろいろな種類の木をマネークリップ本体に貼り合わすことで実現したのが、こちらのマネークリップ。

あえてドルを使わず日本円で撮影しました

杉、ひのき、ウォルナット、オーク、タモの5種類に加えて、普段は調達しにくい新しい木種を追加。

サペリ、メープル、チークが新たに加わりました。普段は安定供給が難しい材質なのですが、マネークリップサイズなら今は入手できそうです。

デザインは2種類、近日発売予定です。




店主のイシイです。
ブログをお読みいただきありがとうございます!

インフォーメーション

公式ショップはこちら
https://www.atelierberg.jp/

商品等に関するお問合せはこちら
info@berg-kawasaki.com

ブログ投稿一覧はこちら
http://atelierberg.jp/blog/index.php/category/all-blog/

インスタグラムはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です