mori no kami 森の紙 人気ランキングを発表します。

匠の技アトリエバーグがオープンして約1か月が経過しました。

アマゾンや楽天といった大手ショッピングモールとは異なり、自社サイトは自由な売り場が作れるものの、太平洋の無人島のように誰も知らないポツンとした場所に建っているのと同じことなので、お客さんに認知いただくためには地道な取り組みが必要です。

そんな高いハードルを越えるための一歩を3月半ば頃に踏み出しましたが、グーグル検索やSNSから1日平均50名以上の方にご来店いただき、驚きとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

アマゾンや楽天などモールでも販売していてご注文いただけるのも、もちろん嬉しいのですが、自分のお店であってないようなモール特有の違和感を、起業から18年間ずっと感じてきたので、自社サイトでのご注文やお問い合わせには、格別の想いがあります。

「売りたいより、知ってもらいたい」

この気持ちが匠の技アトリエバーグの原点です。

会員登録の煩雑さや、モールじゃないから心配だと思うお客様もおられると思いますが、どうか安心してご利用ください。

さて、森の紙の現況ですが

お客様の創造力が高いおかげで、商品のコンテンツ不足にもかかわらず、当初の予想を上回るご注文をいただいております。

「どんな風に使うと、森の紙が暮らしに活かされるのか」

ここの部分が今のお店には、欠けていると痛感しています。、

商品説明が不足していたり、上手く表現できていないことについては反省するとともに試行錯誤しながら、森の紙を使った制作例やビフォーアフターなど少しずつご紹介するため、外注スタッフにも協力してもらいながら手分けして作業を進めています。

小世帯での運営のためアップまで時間を要しますが、今しばらくお待ちください。

それでは

森の紙の「最新人気ランキング」を発表させていただきます。

第1位

天然木の紙 ひのき A4サイズ

第2位

天然木のシート ウォルナット 600×800mm

第3位

天然木の紙 ひのき ハガキサイズ

森の紙という表現をしていますが、主な材質は天然木で、紙は裏地に使う程度になります。オール木の場合は、両面木と表現しています。

そのため、世界最薄水準の「紙のような天然木」といった方が良いかもしれません。

ランキングは天然木の紙とシートが上位を占めていますが、アプリをダウンロードしてお気に入りの印刷をしたり、飲食店の場合は、自由にカットして「今日のおすすめ」など、お品書きにもお使いいただいております。

素材別ですと、貼れる天然木のシートは、ウォルナットが人気で面積の比較的大きなスペースに貼る場合、落ち着いた雰囲気と汚れが目立ちにくいことがポイントだと思います。

天然木の紙は、ひのきが優勢です。昔から日本ではひのきイコール高級品だと認知されていて、実際に手に取っていただくとわかりますが、上品な香りと佇まいがあります。

反面、すぎは強くて男性的なイメージがあり、間伐材をあえて使用することで、環境にも優しくリサイクルにも貢献しています。

商品によって材質の種類は異なりますが、ブラウン系のオークは今年人気があると言われています。

今後ランキングは変動すると思います。次回のランキング発表をお楽しみに!

P.S.

天然木の紙は、5月からセット枚数のバリエーションを増やす予定です。




店主のイシイです。
ブログをお読みいただきありがとうございます!

インフォーメーション

公式ショップはこちら
https://www.atelierberg.jp/

商品等に関するお問合せはこちら
info@berg-kawasaki.com

ブログ投稿一覧はこちら
http://atelierberg.jp/blog/index.php/category/all-blog/

インスタグラムはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です