カテゴリー
mori no kami 森の紙 カテゴリー一覧 店主のココロ 投稿一覧 森の紙って何?

木の雑貨店 森の紙 楽天市場に新規オープンします。

木と本格的に向き合ってから1年半が経とうとしています。

国産の極薄天然木の紙でスタートした森の紙ブランドですが、第2弾の輸入品を含めた雑貨シリーズのご注文も予想を上回るペースで、完売アイテムも多数出てきました。

2月入荷 無垢材のメガネスタンド

当社のスタッフ構成は、外注さんに支えられることによってやりくりができている平均年齢54才のロートル3人組のため、これから森の紙を広めていくためには巷で言われる選択と集中の判断に迫られました。

これまでアマゾン、自社サイトでの販売を優先してきましたが、わかりやすいナビゲーションと使い慣れたシステムでお客様対応を含めた店舗運営をすることが先決だと判断して

18年お付き合いのある楽天市場に今月2号店として、木の雑貨店 森の紙を出店することになりました。

自社サイトのアトリエバーグは企業様などまとめ買いのお客様のご利用が主なので、当面はこちらの対応を意識しながら丁寧に運営していきたいと思います。

現在、森の紙はアマゾンで最も多くのお客様にご利用をいただいておりますが、アマゾンのシステム上、一期一会のようなスタイルで、自動販売機のような感覚で商いをしていると感じていて、先に進んで行くイメージがなかなか湧いてこないのが現状です。

お買い上げいただくのは本当にありがたいことなのですが、たとえたくさん売れても森の紙の未来が描けないということです。

楽天市場は起業してからずっと続けているリッチボーイというインテリア雑貨のお店があり、森の紙の商品を一部掲載しているのですが、アマゾンには及ばないものの手ごたえを感じていました。

新商品が毎月定期的に入荷してきていますので、木製品の専門店として、木の温もりや魅力をお伝えしたいと思います。

スタッフ増員ができる余裕がない中ではありますが、木の雑貨店 森の紙 楽天市場店をどうかよろしくお願いいたします。

緑の募金について

今後は楽天リッチボーイから森の紙へ随時商品は移行されますが、緑の募金の集計も簡素化できるようになります。

自社サイトのアトリエバーグ、森の紙 楽天市場店の売上の一部、募金箱、僕個人の寄付の合計金額を2002年6月は緑の募金へ納めさせていただきます。

諸事情によりアマゾンでの売上は緑の募金対象外とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

店主 石井

P.S.

今月末、工場との打ち合わせに行く予定です。

ブログにも書きましたが天然木のシートと紙の

サンプル配布の課題を詰めてきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

商品にご興味がある方は下記からお進みください。

世界最薄水準の天然木の紙を豊富に取り揃えています。

アトリエバーグTOPページ

木の雑貨店 森の紙 楽天市場店

https://www.rakuten.co.jp/morinokami/




店主のイシイです。
ブログをお読みいただきありがとうございます!

インフォーメーション

公式ショップはこちら
https://www.atelierberg.jp/

商品等に関するお問合せはこちら
info@berg-kawasaki.com

ブログ投稿一覧はこちら
http://atelierberg.jp/blog/index.php/category/all-blog/

インスタグラムはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です