森の紙商標登録番号第6165852号商標登録が完了しました。

あたかもブランドのように表現される商品が数多く氾濫しているけれど、実際に特許庁に出願して認可されているものはあまりと多くないと思う。

ブランドの商標登録をするためには時間とコストがかかるため、大企業にとっては当然のことでも、その負担を考えると躊躇していまう会社が多いのではないだろうか

特にWEB上での表記は、メーカー名や製品のシリーズ名とブランド名が混在していて、何がブランドなのかよくわからない場合がある。

サラリーマン時代に厳格な法務担当の上司(大抵の法務担当は厳格な方が多い)から「商標だけはちゃんと確認しろよ」と新しい商品を販売するたびに口を酸っぱく言われていたので、会社を起こしてからも、継続的なビジネスでブランド展開する場合、これだけは順守しなければと心に決めていた。

ベルクベルク、グリム、のれんものがたり、美のれんに続き5つ目のブランドとして「森の紙」を商標出願したのが去年の秋。

類似商標の調査から出願、申請の認可が下りるまで10か月ほどかかったけれど、特許庁から無事使用OKの書類が届いたのが8月19日。

森の紙 商標登録番号第6165852号

類似商標があれば特許庁から出願を拒絶されるので、その際は森の紙の名称を変更しなければいけなかったのだけれど、そんな不安をよそに晴れて登録できて、今はとてもホッとしている。

森の紙は天然木にこだわったステーショナリーブランド。

今秋から天然木の雑貨シリーズ「森の紙セレクト」の取り扱いも9月からスタートします。

昨日、友人がくれた

「売り上げが苦しい会社ほど、忙しいもんや・・・」

この言葉をいい意味にとらえると、

「売れるように日夜考え、行動を起こしているからこそ、忙しいのだ」

忙しいかどうかより、楽しい気持ちで仕事と対峙できるかどうか

これが忙しさを乗り越えるための「キモ」かもしれない。

お金はあまりかけられないけれど パッケージやシール作りなど 丁寧に少しずつ仕込みをして、少しでも早くデビューさせてお客さんの反応を知りたい。

今はこんな心境です。

P.S.

7月に新しい仔犬がやってきました。チワワのコタローです。

プロフィール写真が不自然だとずっと感じていたので、出会ったときの(飼うかどうか悩んでいた)写真に替えました。

この写真のほうが素に近いかと思います。

店主・石井

mori no kami 森の紙 アマゾンプライムでの販売を開始します。

発売以来4カ月余り、僕の予想を上回るご注文をいただき、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

当初は自社サイト、匠の技アトリエバーグでの販売をメインと考えていましたが、アマゾンでのご注文件数にはかないません。

そのため、自社サイトはコツコツとコンテンツの充実に努めながら少しずつ力をつけていきたいと思います。

今はmori no kami 森の紙をひとりでも多くのお客様に認知いただけるよう全力を尽くしています。

アマゾンでの販売を自社出荷からアマゾン倉庫出荷のアマゾンプライムに可能な限り切り替えることで、サービスの向上や納期の短縮を実現したいと思います。

月末までにはアマゾン倉庫に納品、出荷開始になる予定です。

自社配送で平日の場合、平均2~3営業日後程度で出荷していますが、プライムなら翌日出荷が可能になりますので、週末までにイベント用にお手元に欲しいといったご要望(お急ぎの方が多いようです)にもお応えできると思います。

ご注意いただきたいのは、アマゾンの場合、どうしても販売価格に送料の一部が上乗せされての販売になってしまいます。

お急ぎでない場合は、匠の技アトリエバーグの方がポイント還元や価格面などにおいてもお得になることをお伝えしておきます。

アトリエバーグでは、今月いっぱい、クーポンコード 1116をご注文画面に入力いただくと、通常5400円以上送料無料が、2000円以上で送料無料となるキャンペーンを期間限定で実施しています。

アマゾンプライム、アトリエバーグとも、皆様のご来店を心からお待ち申し上げます。

P.S.

アマゾンプライムでの販売に切り替えることで、売り上げが3~5倍に増えると言われています。売り上げだけを考慮すれば今はアマゾンには歯が立ちませんが、自社サイトは僕にとってスペシャルなお店です。

サービスにおいてアトリエバーグが一番だとお客様から思われるように創意工夫を心がけたいと思います。


印刷できるmori no kami 森の紙 天然木の紙A4、A3サイズにお得なセットが追加されました!

自社サイト、匠の技 アトリエバーグのメイン商品は、ご自宅やオフィスのインクジェットプリンターで、お好みの印刷がカンタンにできる森の紙 天然木の紙 A4、A3サイズ。

5月からA4、A3サイズに新しく枚数を増やしたお得なセットを追加しましたが、おかげさまで100枚セットが一番人気となりました。

表は厚さ0.28mmの天然木、裏は国産和紙の仕様になっています。

紙の表面に特許取得の特殊なコーティングを施すことで、文字がにじむことなく綺麗に印刷がカンタンにできるのがmori no kamiの特徴です。

意外と思われるかもしれませんが、和洋問わず居酒屋さんやダイニングバーの定番メニューや日替わりメニューのお品書きとして森の紙を最もご使用いただいております。

森の紙は天然木のため水には弱いため、ラミネートしてお使いいただく方法もありますが、香りは閉じ込められてしまいます。

実際に取材したところ、コストをセーブするため、A3サイズをお好みのサイズにハサミやカッターでカットして無駄なく使うのがおすすめです。

6月から投稿募集のコーナーは、サンプル配布やご購入いただいたお客様からの投稿作品を順次掲載していこうと考えています。

小世帯での運営のため、森の紙の使い方を上手く表現できていませんがステップバイステップでコンテンツを充実させていきたいと思います。

飲食店のお品書き、日記帳やノートの表裏紙、掲示板に貼る催し物のお知らせなど用途はさまざまです。

一般の紙製品に比べて高価ですが、高級感と木の温もり、ほのかな香りが楽しめまるのが最大の特徴です。

ひとりでも多くの方に森の紙の素晴らしさを体感していただけると幸いです。



結婚祝いは中身より袋で差をつける 森の紙 天然木のご祝儀袋

去年から今年にかけて結婚式を挙げたカップルが周囲に何組かいるのだけれど、その予算を聞くと500万円〜をかけるという。

しかも、ほぼ全額「親に負担してもらうんです。」とあっさりと言うものだから、払う方はたまったもんじゃないな、と思う。

僕は最後の結婚式を都内のホテルで挙げたのだけれど、300万にいかない程度で収まった、というか収めるようにした。

もう20年前のことだけれど経験というものも、たまには役に立つなと実感した記憶がある。

当時の友人たちも平気で500万くらいかけていたと思うけれど、それは景気が良かった時代だったので、異論を唱える人はいなかったはずだ。

招待する人数さえ調整すれば、ご祝儀とのバランスでそれなりの出費で収まると思うのは見当違いで

両家が考える大安など最適な日取りや、式場のグレード選び、料理の選定、衣装直しの回数など様々なオプションサービスの誘惑、さらにはご祝儀の上乗せが期待できない友人を多く招待するとなると、必要な予算はどんどん膨んでしまう。

結婚式は特別なもの・・・

これだけは譲れないという考えであればお金をかけることに対して少しは理解することができる。(僕の場合は、結婚後のことばかり案じていた)

「なんで、そんなにお金かけるの」と思う反面、羨ましいなと思うことがある。

新郎の多くは結婚式のプレッシャーから解放されると、緊張の糸が解けて、三次会まで仲間に付き合った挙句、二日酔いのまま新婚旅行に旅立つ・・・

これが、昭和世代の結婚式直後のあるあるパターンだった。

若い方なら一度親御さんに聞いてみるといいかも。

僕自身も、1回目の時はバリの灼熱の太陽に翻弄されて、休息とは無縁の疲労困ぱいの時間を過ごした。

さすがに2回目は前回の教訓から、「落ち着いてから行こうね」と家人に言ったものの、約束を守るまで10年以上かかった。

気長に待ってくれた今のパートナーには、今でも申し訳なく思っている。

今は有給休暇を上手に取って日を改めて新婚旅行に行けるように配慮(譲歩)してくれる会社が多くなったと思う。

成田離婚という言葉が流行った時期があり、ある友人は空港から直行ではなかったものの、海外から帰国後数週間で別れてしまった。

ハワイあたりなら言葉の問題も少なくリラックスできてハネムーンという言葉どおりにコトが運ぶけれど、言葉が通じにくい地域、例えばヨーロッパ旅行なんかは結婚式や長いフライトで疲れきった新郎新婦には鬼門だったようだ。

パリのカフェで店員さんにフランス語で話しかけられて、しどろもどろする新郎の、日本にいる時には一度も見せたことのない姿とのギャップに幻滅した・・・

こんな些細な理由であっさりと別れる時代があったのも、今では懐かしい。

さて、結婚にまつわる想い出話が長くなりましたが

友人や同僚のご祝儀の相場が大体3万円と言われている中

中味の金額は変わらないけれど、ちょっと人とは違うお祝いを

したい方にオススメ。

森の紙 天然木のご祝儀袋 タモ グリーン
森の紙 天然木のご祝儀袋 ひのき レッド

木の醸し出す独特の雰囲気は高級感に溢れ、ほのかな香りが漂う

ご祝儀袋は、新しい門出となる新郎新婦にふさわしい仕上がり。

きっと喜んでくれることでしょう。

P.S.

本当はこのブログは下書きに留めようかと思いましたが

今年、久しぶりに冠婚葬祭の嬉しい方に出席することができて

幸せな新郎新婦を目の当たりにして、僕の記憶を巻き戻しして

みたくなりました。年を重ねたということかなと思います。






森の紙特製 抗菌、防臭 ひのきのチップを量り売りします。

僕は普通の人より敏感な鼻を持っている。

ちょっとした臭いがするだけで、頭がその方向へと

自然に向いてしまう。

とは言え、臭いイコール嫌いと言うわけではない。

男のくせにとは言われたくないのだけれど

部屋には、グリーン系のアロマの香りがほのかに漂っている。

森の紙の取り扱いを始めて、天然木に触れる機会が増えたのだけれど

やはり、ひのきの香りは落ち着きを与えてくれる、日本人に一番似合う木種だと思う。

今から20年ほど前

ご縁がなくて転職には至らなかったのだけれど

お土産として有名な東京ばな奈の創業者の方が、確かお菓子だったと記憶しているけれど

都内で量り売りからコツコツと事業を始めたと、会社説明会でお話しされて、その時のストーリーと独特の話ぶりに感銘を受けてから、ずっと量り売りというものに興味を持っていた。

写真のアンカーホッキングのガラス瓶に入れたのは、その量り売りをイメージしたかったから・・・

ひのきのチップ企画を進める際に、職人さんと相談してカラフルな不織布を入手、重さを量りながらひのきのチップを不織布に収めて1袋ずつミシンで閉じる。

そんな工程を経て皆さんのお手元にお届けしょうと4月から準備しています。

量り売りと言っても、通販なので最初はグラム数を5種類くらいご用意しようかなと思っています。

森の紙のロゴシールも合わせて鋭意準備中、ご期待ください。

P.S.

森の紙は紙製品以外にもいろんなアイテムを少しずつ増やしていこうと心がけています。応援よろしくお願いします!

折り鶴を5つ折ると、サポーターの願いが叶う?!

あるブログを読んでいたら、千羽鶴について「なるほど!」と思うことが書かれていた。

千羽鶴は千羽ちょうどの折鶴を束ねる必要はなく、たくさんという意味で千の数字が使われているのだけれど、千羽折るのはとても大変なこと。

その分気持ちが込められていることは重々理解しているけれど、もっと折る人に負担がかからないで願いを届ける方法はないのかなと、ずっと考えていた・・・

治るという語呂合わせで、7つ織れば「病気」が快方に向かう!

そのブログには、こんな的を得た内容が書かれていた。

確かに7羽なら、みんなが無理なく短時間に折ることができるし、病院なら場所を取らないでベッドの傍らにオブジェのように飾ることもできる。

僕の事務所はサッカーチーム・川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場の近くにあり、昨シーズンの後半にフロンターレが優勝戦線にいたころの話だけれど

優勝祈願を込めて「フロンターレのロゴ」を入れた森の紙の折り紙をサポーターに無料配布して折ってもらい、千羽鶴を作ろうという企画を第三者を介して事務局に提案したことがある。

まだ森の紙のビジネスがスタートし始めた頃で、形になってなくて、しかも急な提案だったので

「今、普通の折り紙で折っていますので・・・」

淡い期待は叶わなかった。

この話は、さておき

実際に森の紙の販売を始めてから、何かいい語呂合わせで皆さんに提案できるものはないものかと考えていたところ

すぐに思い浮かぶ語呂で恐縮なのですが

5つ織れば、ごおる、ゴール!

特に、ゴール欠乏症のチームにピッタリ、ゴールを使うスポーツなら祈願ができる「5折る」

実際に鶴の両翼にフロンターレのロゴなどを配置した折り鶴を制作してみると、そのデザインはブルーとひのきが絶妙にマッチして、なかなかいい感じの仕上がり。

著作権の関係で商用サイトの立場として写真は公開できないのが残念ですが・・・

「森の紙 天然木の折り紙」にロゴやマークを自分で印刷して、手作りの折り鶴を制作、お気に入りのチームを応援するためのグッズを身近に置いて必勝祈願をしてみてはいかがでしょうか?

ロゴを角にインクジェットプリンターで印刷します。
お好みの位置や向きを調整しながら折鶴を折ります。普通の折り紙にマークを入れて練習するとコツがつかめます。よくわからない場合はお気軽にお問い合わせください。

僕はサッカー好きなのでふと思いついたのが、12折れば、ジュニオール、以前フロンターレに在籍していた玄人好みの選手です。

P.S.

10折れば、とおる、通る、合格祈願にはピッタリ!

語呂合わせについては、特に検索して調べていませんので、すでにご存知の方はご容赦ください。

⭐️オリジナルで折り紙、折り鶴を制作します⭐️

「森の紙 天然木の折り紙」を使った、オリジナルのロゴが入った折り紙や、折り鶴をあなたに代わって制作代行致します。製品代金以外に、別途デザインの校正代、印刷代、折り賃、送料などがかかります。お見積もりや納期などお気軽にお問い合わせください。

尚、折り鶴での納品は数量によりお時間をいただきます。

匠の技アトリエバーグは、違いをカタチにしています。

ここ2年間、中国製品の氾濫だけでなく、中国メーカーの日本での直接販売が加速しているのを、ご存知だろうか

わかりやすい例をあげると、アマゾンのカテゴリーでパソコンや自転車関連の商品や照明器具を検索すると、違和感のある英語のメーカー表記の商品がランキングの上位を独占している。

これまでは、日本のメーカーが企画したものを中国で生産、ブランド名や日本のメーカー名を付けて売るというのが一般的だったけれど、とうとうそのパターンが通用しない時代に入っている。

日本の企業の利益が商品価格に上乗せされないことで、消費者の立場になれば、とにかく安く手に入るし、貨幣価値の差を考慮すると日本円が得られる中国企業にとっても多大なメリットがある。

しかしながら、企画から生産、検品など日本人に受け入れられる商品仕様を試行錯誤しながら時間をかけて丁寧に作ってきたのは日本の企業なのだ。

ただ安いからという理由だけで、民族大移動のごとく中国メーカーが支持されてはたまらない。

もちろん、近年の中国製品の品質向上に疑いの余地は少ないし、この競争に打ち勝つための努力を忘れてはいけない。

仮にランキング上位のデスクランプと、倍以上の値段がする日本のブランドが付いたものを並べた場合、乾電池式とコンセント式の違いなどといったスペックや、品質だけではない・・・何かが違うのも事実だ。

僕はこのことを「匂いが違う」

という言葉で表現している。

わかりやすく言うと

「商品が醸し出す感性」が全く違うのである。

こんな自分の解釈を友人に言うと

「お前はその商売を専門にしてるから、わかるんや」

という言葉が返ってくる。

以前はその言葉を受け入れられなかったけれど、今ではその通りだと答えているし、実際にそう思う。

僕が言いたいことは、その微妙な違いがわかったり、感じてくれる人に向けて一生懸命サービスを提供していきたいということだ。

実際のところ給料も右肩上がりに上がらず、将来の見通しが立てられないと言われる時代に、まだ認知されてもいない商品を通して「この道具であなたの暮らしが豊かになります」みたいなメッセージを伝えるのは、とても難しい。

でも、この難しいことにチャレンジするのが、匠の技アトリエバーグを始めたきっかけでもある。

違いがわかる人に、伝えたい・・・

これが僕の正直な気持ちなのだ。