mori no kami 森の紙オリジナル 天然木のマネークリップ

森の紙を使って新しい商品を作っていきたい・・・

さて、何を作ろうかと考えたとき、最初に思いつくイメージは

今も思い入れが強いか、あるいは過去に強かったモノになる。

商品企画の仕事を約30年、飽きることなく黙々と続けていると、必ずお客さんのツボにはまる商品がある。

そのひとつがマネークリップだ。(だった。)

スマホが財布替わりになって、キャッシュレス化が進む中、小銭はジャラジャラするので、持ち歩きはしたくないけれど、お札をポケットに入れておきたい・・・

今ではマネークリップは立派な市民権を得た身近な道具になったので、手元にひとつは持っている人がいるだろうし、さまざまなタイプが出回っている。

ちなみに当社が初めて販売したのは、2002年のこと、ポールスミスのクローム色のシンプルなデザインだった。

当時から財布といえば革製の2つ折りが主流で、長財布も広がり始め、オシャレな人ならコインケースと両方持つことで上手に使い分けていた。

マネークリップの存在そのものを知らない人も多く、ニッチなアイテムだと見られていたけれど、なぜか女性からギフト購入されることが多かった。

今で言う、サプライズな贈り物だったのかもしれない。

「某ブランド専門のモールで売れなかったけど、売ってみない?」

取引先からの提案が取り扱いをするきっかけになった。

その頃、ブランド物のマネークリップは、あまり売られていなかったので、ニッチな商品を好む僕のアンテナは、そこそこ売れると判断。

思い切って50個ほど買い取りしたところ、予想外のスピードで完売。

その後再入荷を数回繰り返して、150個ほどが数か月で完売した。

シンプルで格好いい、海外旅行で紙幣を分けられる、かさばらない・・・

いろんなキャッチコピーを考えながら、全力投球。

起業して間もない頃のことなので、100個単位で売れる商品はお宝もの。

売れた喜びをかみしめた記憶がある。

こん想いを胸に刻みながら、懲りることなく今もマネークリップを気に入ったモノだけ扱っている。

さて森の紙で作る場合、何を初回作にしょうか?

やはり、木の材質にこだわりたい。

森の紙の厚さは、最薄で約0.15mm程度、元々は業務用のため雑貨として販売するには木の調達が必要な上、ものづくりに携わっている方ならおわかりのとおり、工場を通してマネークリップ本体を入手もらう場合、必ず生産ロットという最低限の条件がついてくる。

そこで、本体の金属部分は当社ルートで独自に小さなロットで調達、職人さんがいろいろな種類の木をマネークリップ本体に貼り合わすことで実現したのが、こちらのマネークリップ。

あえてドルを使わず日本円で撮影しました

杉、ひのき、ウォルナット、オーク、タモの5種類に加えて、普段は調達しにくい新しい木種を追加。

サペリ、メープル、チークが新たに加わりました。普段は安定供給が難しい材質なのですが、マネークリップサイズなら今は入手できそうです。

デザインは2種類、近日発売予定です。

mori no kami 森の紙 天然木のシート 粘着シートの貼り方(イラスト編)

森の紙の粘着シートタイプは、裏面に粘着シール付き、DIY、壁紙、化粧材、切り文字などで自在に使えます。

通常の突板に比べ割れにくく柔軟性がありハサミやカッターで簡単にカットできて、木目に沿って 曲がる特徴があります。

天然木のシート 杉柾目

室内空間を木の温もりで癒しの場に変身させる建装材として開発された内装材及び 雑貨用、DIY用の天然化粧材です。

実際の作業風景の写真などは制作準備中のため、「イラストでの使用方法」をご紹介させていただきます。※A4,A3サイズもありますが、主に600×900mm、600×1800mmの大きいサイズを貼る場合は必ずお読みください。

天然木のシート ひのき 板目 柾目

「事前に用意するもの」

ハサミ、カッター、本格的に貼られる場合は、ローラー、下げ振り(柱・壁などの垂直を見るための道具)

平面、立体面や接ぎ目がある場合、額縁タイプの3通りの説明があります。

下記の図のとおり、ゆっくり作業を進めてください。

立体の巻き込み部分の角の処理をされる場合は、ローラー器具をご使用いただくことで、キレイに貼ることができます。

また、2枚を重ねる際、極薄素材のため重なっても目立ちにくいのが特徴です。

尚、ご使用前に質問などがある場合はお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ窓口

匠の技アトリエバーグ 担当:石井

info@berg-kawasaki.com

TEL:044-752-8196